酔いつぶす 放置する 死なせてしまう

2017年12月にサークルの飲み会後に亡くなった大学2年生の事件で、2019年5月、警察は、関係した学生ら12名を保護責任者遺棄致死の疑いで書類送検しました。
そして11月、検察は当時のサークルの学生ら9名を過失致死罪で略式起訴、全員に罰金の略式命令が出されました。 亡くなった学生が、急性アルコール中毒の症状を呈していることを認識していたのに、救急車を呼ぶなどの適切な対応をとらなかった、というのが主な理由です。

もう、こんな事件は二度と起こってほしくない。
それが私たちの強い願いです。

啓発ツール
「クリアファイル」の
無料配布

今年は、どこにでも持ち歩けて、いつでもアルハラ防止をアピールできるクリアファイルを作りました。
ぜひご活用ください。先着1,000名様。無くなり次第配布を終了いたしますので、お早めにお申し込みください!

クリアファイル

クリアファイルのお申し込み

作成中⇒でき次第送付予定

継続企画/啓発ツール
「レジャーシート」の
無料配布

飲み会で話題にできて役に立つグッズをつくりました。90cm四方のレジャーシート。「飲み会の続きは病院?」のマンガと「すぐに救急車を呼ぶべき状態」など、いざという時のための情報を掲載しています。お花見など屋外での飲み会で、ブルーシートの中央に置くもよし、冒頭の挨拶で幹事が見せながら解説してもよし。ぜひご活用ください。先着1,000名様。無くなり次第配布を終了いたしますので、お早めにお申し込みください!

このページの先頭へ